「山女つしま旅」はありのままの自分でいられる贅沢な旅だった 〜ガイド編〜

絶景・秘境
小宮 大輔 小宮 大輔
Instagramで”山女”として人気を博しているさきさんとかおりさん。陽気でお酒が大好きなお2人を案内した模様をお伝えします。

こんにちは!編集長の小宮です!

緑深まる初夏。
緑が濃すぎて眩しい今の対馬、ほんと大好き。

そんな最高のタイミングで、遠く本州より、トレッキングが好きすぎる素敵な山女が2名来島しました。

どんっ!!!

さきさん(Instagram: @chsix
かおりさん(Instagram: @ka01222

お2人をアテンドするのはこちらの3人!

フナメンこと舟橋氏 from 対馬観光物産協会。いつの写真だろ…ワイルドやん…。
ヤマピーこと山下氏 from 対馬観光物産協会。そっくりすぎて笑える。
コミダイこと小宮大輔 from 島おこし協働隊。アロハシャツ着て何はしゃいでんだよ。

一週間前の雨予報も何のその。2日間オール快晴!
対馬がお2人を歓迎しています!

果たして、どんな珍道中になるのか…「山女つしま旅 with 酒山海」…レッツゴー!

来島早々に白嶽トレッキングへ

さてみなさん。今回の旅のタイトルは何でしたか?
そう、「山女つしま旅」。
いきなり対馬の霊峰を堪能してもらおうと、白嶽にやってきました!

渓流に沿って、原始林の中を歩いていきます。

こけに心奪われた、かおりさん。

行者(ぎょうじゃ)の岩屋に着いたらやっちゃいたくなるやつ。

ここから道は徐々に険しくなっていき、傾斜も大きくなってきます。

雨上がりで地面が滑りやすいから、無理せず補助しながら。

やっと中間地点…目印の白嶽神社鳥居で少し休憩。
神様に挨拶をして、先へ進みます。

ついにロープが登場!傾斜がより大きくなっていきます。つらい。

ここにも白嶽神社の鳥居。山頂までもう少し!

登山ってこんなだっけ?岩やん!ロッククライミングやん!

こんなところを笑顔で歩くかおりさん、ヤバい笑

そして…

ついに山頂到着!
見よ!この絶景!浅茅(あそう)湾を一人占め!

空撮してみました!白嶽から望む浅茅湾の大パノラマ!

白嶽を満喫した一行は、浅茅湾の北側へと移動します。

中対馬エリアといえばここは外せない

竜宮城への入り口!?古社・和多都美神社

白嶽から車を約50分走らせ、和多都美(わたづみ)神社へ向かいます。

対馬は浅茅湾の恵みをめちゃくちゃ受けている一方、リアス式海岸特有の複雑な地形のため、こうやって迂回しないといけません…。そんな浅茅湾も好きだ!

車内での会話が楽しくて、あっという間に目的地へ。
心が洗われるなー。
海に立つ鳥居が、竜宮城への入り口を感じさせます。

対馬には、式内社(古くから朝廷に認められた神社)が九州最多の29社存在し、神道の原点とも言える島なんです。その一つが、和多都美神社。

映えってますね。映えを狙ってますね。

神社に来たら、神様に挨拶をしないと!
手水舎(ちょうずや・てみずや)の水で心身を清めて…

拝殿に向かいます。

拝礼、そして会釈。

拝殿・社殿の奥にある裏参道を歩いて、「豊玉姫の墳墓」といわれる磐座(いわくら)へ。神聖な空気が立ち込めています。

伝承や竜宮伝説については、対馬観光物産協会のN局長がまとめてくれているので、そちらを読んでみてください。マニアックブロガー!
http://blog.tsushima-net.org/?eid=832

360度浅茅湾!烏帽子岳展望台

和多都美神社まで来たら、行かないわけにはいかないでしょ!
展望台まで続く140段超の階段を登ります。しれっとしんどい。しかし、絶景が待ってるから頑張れる!

登った先に広がるのは…

はいこれ!360度大パノラマ!
俺たちの浅茅湾!アソウワン!!Aso Bay!!!

かおりさん、浸ってますねー。

福◯◯治さんよりキマってるさきさん。

フナメン「楽しそう…俺も入れてよ…」

これぞツシマブルー!赤島の海

浅茅湾を堪能し、一行は、中対馬エリア東部に位置する赤島へ移動します。

アクセスしやすい海の中では、誰しもが認める対馬No.1の美しさ!
海水浴場ではないんで、見るだけにはなっちゃいますけどね。

黄昏インスタグラマー。

焼酎伝来の島唯一の酒蔵「河内酒造」で美酒を堪能

「体験する」「観る」ときたら、次は「食べる」でしょ!
お2人は酒が好きだと聞いていたので、迷わず島唯一の酒蔵「河内酒造」へ!
http://www.kawachi-shop.jp/

「食べる」というより「飲む」だけど笑

河内酒造は、大正8年創業で、今年100周年の節目を迎えた歴史ある酒蔵です。
平成29酒造年度全国新酒鑑評会では、河内酒造を代表する銘柄である「白嶽」が長崎県唯一の金賞を獲得しており、美味しさも折り紙付きです。

河内酒造・代表の伊藤さんの案内で、酒蔵見学へ向かいます。

酒蔵見学のあとは、お待ちかねの試飲タイム!
様々な銘柄を試飲させていただきました。

いい顔で飲むなー!

最後に伊藤さんとパシャり。
ちゃっかりお土産もらってる!

伊藤さん、ご対応ありがとうございました!

浅茅湾×シーカヤック=世界一のマリンレジャー

対馬のトレッキングを体験してもらった翌日。
こちらも対馬を代表するアクティビティーであるシーカヤックを体験してもらおうと、美津島町の箕形(みかた)へやってきました!

対馬カヤックスさん、お世話になります!
https://www.tsushima-kayaks.com/

ガイドの中澤さんにレクチャーを受けて、浅茅湾に入水!今日も快晴!

かおりさん、ヤマピーは、タンデム(2人乗り)で息を合わせて漕いでいきます。

さきさんは、初めてのシーカヤックでソロ(1人乗り)に挑戦!

対馬の海って、陽の当たり方・視点・地形・水深などによって、色が青にも緑にも変化するんです。
少しシーカヤックで移動しただけでも、こんなに色が変わります。
大自然のマジック!

無人島で休憩。
浅茅湾は、複雑な入江と無数の島々からなるリアス式海岸で、景観が抜群!さらに、その複雑な地形のおかげで、年中波が穏やかで、シーカヤックに最適な日本有数のフィールドなんです。
無人島に立ち寄りながら、穏やかで絶景な海を渡る。これ高ポイントでしょ!

中澤さんが、お茶菓子と紅茶を用意してくれていました!紳士!

サンゴや貝を探してます。元気。

全員で記念撮影!

さあ、もう一漕ぎして、スタート地点に戻りましょう。

レクチャーと休憩を除いても、2時間半は漕ぎ続けました!
案外キツくないし、海面ゼロ視点から素晴らしい景色を眺められるし、シーカヤックにハマっちゃうなこれ!

対馬カヤックスの中澤さん、ありがとうございました!

おわりに

1泊2日の行程はあっという間に過ぎて、お2人と濃密な時間を過ごすことができました。

移動中の車内でも、観たり体験しているときでも、初めての対馬で感じた魅力をお2人はたくさん話してくれて、どこか誇らしくなったことを覚えています。

明るく元気いっぱいに対馬を楽しんでくれたさきさん、かおりさん。

また対馬にこんねー!みんな待っとるよー!

アウトドア専門の比較サイト「BEST BUY GEAR」にて、さきさんこと”鬼ころしS”が今回の旅を記事にしてくれているので、ぜひ読んでみてください!
http://bbg-mountain.com/2019/08/03/tsushima1/

後編のインタビュー編に続く!